phone-1149925_1280-1120x600

有機ELディスプレイとは・・・

phone-1149925_1280-1120x600

有機ELディスプレイとは・・・

本日は、今様々なスマホ等で使用されている有機ELディスプレイについて、一体有機ELディスプレイって何がいいのか等をご紹介していきたいと思います!!
有機ELディスプレイはその特性と特長から、「スマホにとって最適な技術」とまで言われています。ドットの集合体を構成するドットそのものが発光して色を表現するため、液晶ディスプレイのようにバックライトやカラーフィルターを必要としません。つまり、多層構造にすることなく1枚だけで画面表示を行えるということです。そのため、有機ELディスプレイは液晶ディスプレイよりも薄くて軽いという特徴があります。

ブラウン管モニターと同じ技術?

有機ELディスプレイは最近のスマホに搭載されている技術なので、新しいものだと思われがちです。しかし、実際はそんなことはありません。昔のPCには液晶ディスプレイではなくブラウン管モニターというものが使われていたのですが、このモニターには有機ELディスプレイと同じ技術が採用されていたのです。ブラウン管モニターと聞くと、ある程度の年齢の方にとっては、古い技術の代名詞かもしれません。しかし、その古い技術を最新の技術によって改良・革新させた結果、生まれたものが有機ELディスプレイなのです。

有機ELディスプレイのメリット

《携帯性を高める薄さと軽さを実現できる》
1層で構成されているシンプルな有機ELディスプレイを採用することで、スマホ本体をより薄く・軽くすることができます。持ち運んで使うことが前提のスマホにとって、これは大きなメリットと言えますよね。長時間のスマホの使用で手が疲れてしまう経験は誰にでもあると思います。特に、大画面のスマホであれば、なおさらその傾向は強いでしょう。しかし、有機ELディスプレイを搭載していれば手へのストレスを軽減することができるのです。

《消費電力の大幅な削減が可能》
有機ELディスプレイは、ドット自体が発光するため、バックライトを必要としません。また、何がしかの画像や画面を表示するために必要なドット以外は発光しないよう制御することが可能なので、液晶ディスプレイよりも消費電力が少なくて済みます。実際、有機ELディスプレイ搭載スマホは、従来の液晶ディスプレイ搭載スマホよりも約30%ほど消費電力が少ないとされているのです。消費電力が少なければバッテリーの充電回数も減りますし、それによってバッテリーの寿命が延びることにも繋がります。また、携帯端末として出先でバッテリーの心配をしなくても良くなるというメリットもありますね。

《湾曲させても表示できる自由度の高さ》
構造がシンプルな有機ELディスプレイは、なんと湾曲させても問題なく表示できるというすごい特性があります。これにより、左右の端を湾曲させてベゼル部分を無くすことが可能となりました。有機ELディスプレイ搭載スマホとして有名なサムソンのedgeシリーズは、ベゼルレスな上に、湾曲部分にメイン画面とは違う情報を表示するシステムを採用しています。これは、有機ELディスプレイの特性を最大限に活用していると言えるでしょう。このように、有機ELディスプレイを採用することで、従来のスマホでは不可能だったデザインが可能となったのです。

《高画質な動画の再生》
必要な部分だけを発光させて画像や動画データを表示する有機ELディスプレイは、従来の液晶ディスプレイが再現に苦労していた「黒」を、より自然で深みのある色として表現することができます。そのため、全体的にメリハリのある、高品質で高精細な画面を実現できるようになりました。有機ELディスプレイは、高画質な動画の再生に非常に強いディスプレイなので、4K動画やその次に導入されると言われている8K動画の再生に最適と言えるでしょう。また、有機ELディスプレイは高品質な表示が可能な上に応答性も高いため、スポーツなど動きの激しい動画の再生にも向いています。スマホで様々な映像コンテンツを楽しみたいのであれば、やはり有機ELディスプレイが最適でしょう。スマホの進化に付随して広がっていく、エンターテイメントの技術革新に対応し得る潜在的な能力を、有機ELディスプレイが持っていることは確かです。

《ブルーライトが少なく目に優しい》
ドット単位で制御する有機ELディスプレイは、明るさの調節も細かに行えるため、目への影響が問題視されているブルーライトに悩まされることも少なくて済みます。動画を長時間にわたって視聴しても目が疲れにくいので、スマホで動画やゲームをメインに楽しんでいる方にとっては、相性の良いディスプレイと言えるでしょう。

有機ELディスプレイのデメリット

《画面に焼き付きを起こす可能性がある》
有機ELディスプレイの大きなデメリットのひとつに、画面の焼き付きがあります。これは、技術的な進化の当初から懸念されていた問題です。
【画面の焼き付き】
「画面の焼き付き」とは、画面を切り替えた時に、前に表示していた画面が残ってしまう現象のことです。同じ画面を長時間表示していると、ドットを構成している素子に、表示するための色が定着してしまうことがあります。昔のブラウン管モニターではよく見られる現象でした。技術の根幹がブラウン管モニターと同じである有機ELディスプレイには、この焼き付きの問題が常につきまとっています。しかし、現在はかなり改善されており、12時間以上同じ画面を表示し続けない限りは、焼き付きの問題はないとされています。とはいえ、焼き付きを起こすディスプレイであることは事実です。この12時間というのも目安でしかありませんから、やはり現在でも大きなデメリットであることは間違いないでしょう。

《ドット欠けが発生する可能性がある》
これは、液晶ディスプレイが普及したときにも騒がれた問題です。有機ELディスプレイも、液晶ディスプレイと同じくドットで構成されたディスプレイです。そのため、どうしてもドット欠けが発生してしまいます。新品のスマホを買ったときに、まず最初にドット欠けをチェックしているという方もいるのではないでしょうか。しかし、有機ELディスプレイの場合は、購入時にチェックするだけでは不十分と言えます。なぜなら、使用を続けていくことでドット欠けを起こす可能性があるからです。ドットの1つ1つを制御する有機ELディスプレイでは、1つのドットにかかる負担が大きくなってしまう傾向があります。よって、液晶ディスプレイではまず起こりえない、使用していく中でのドット欠けが起きてしまうのです。もっとも、これも焼き付きと同様、技術の進歩でかなり改善されているので、初期のドット欠け以外は起こる可能性は低いと言われています。とはいえ、やはりれっきとしたデメリットであることは違いありません。

《採算性が低く端末本体の価格が高くなってしまう》
有機ELディスプレイは革新的な技術ゆえに、生産できるメーカーや生産量そのものがかなり限定されています。そのため、スマホに搭載するためには、非常にコストがかかってしまうのです。その分の価格はスマホ本体の値段に上乗せされてしまいますから、どうしても本体価格が高くなってしまいます。これは今後の技術の進歩で解決されていく問題だとは思いますが、現状では1つの大きなデメリットと言えるでしょう。

何事にもメリット・デメリットはあると思いますが、有機ELディスプレイによりスマートホンの進化は飛躍しました、しかしもともと昔からある技術の革新・改良によるものだと知り、スマートホンの可能性を感じました。今後もっとすごいスマートホンが開発されることを楽しみにしたいですね。

いいね

中古iPhone・スマホ 買取【スマートバイヤー】
http://smart-buyer.jp/
故障アップル製品・ゲーム機買取専門サイト[ジャンクバイヤー]
http://junk-buyer.com/



友だち追加数 お得な情報満載

スマートバイヤー

スマートバイヤー